スクールロイヤー、教育現場が期待
#ハッシュタグ

2019/10/25 17:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

学校でのいじめや保護者とのもめごと解決に向け、弁護士が法的に助言するスクールロイヤー制度が広がり始めた。授業や部活動での事故、教員の指導上の問題などスクールロイヤーが学校と共に解決する課題は多岐にわたる。弁護士が早い段階からトラブルに関わることで状況が深刻化するのを防ぐほか、教員の負担軽減につなげる。

「いじめと疑われる児童間トラブルがあるが、どんな対応をとるべきか」――。さいたま市は、学校から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]