物質はいつ壊れるのか ハイパーカミオカンデで探る

ノーベル賞
コラム(テクノロジー)
2019/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

物質は永遠に存在し続けるのか、それともいつかはバラバラに壊れてしまうのか。物理学の理論は「物質には寿命がある」と予言する。宇宙の年齢の約138億年よりはるかに長いが、どれほどなのかはまだ分かっていない。2020年にも建設が始まる素粒子観測施設「ハイパーカミオカンデ」で、その答えが出るのではないかと期待が高まっている。

ハイパーカミオカンデは日本に2度のノーベル物理学賞受賞をもたらした「カミオカン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]