連携で脱「単品」売り 部品各社、車内空間やEVで

モーターショー
2019/10/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転や電動化といった次世代技術「CASE」が広がるなか、トヨタ自動車グループの部品各社が連携を急いでいる。24日に開幕した東京モーターショーの各社ブースでは、トヨタ紡織などによるグループ他社と共同開発した製品の展示が目立った。CASEに伴う経営環境の変化に向けて、従来の得意分野の「単品」売りを超えた製品作りが求められている。

乗り込もうとすると座席が移動し、座りやすく迎えてくれる。ドライバー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]