年金、続く実質目減り 65歳からでも間に合う対策

2019/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金の財政検証は将来もらう人に先細りの未来図を示したが、すでに年金をもらっている人も当面は金額が低く抑えられる状況が続く。支給を調整する仕組みが働いて、物価よりも年金額の伸びが小さくなるからだ。年金の価値が目減りする中で受給者らができる対策はあるのだろうか。

【関連記事】「106万円の壁」大きく超えて 年金増やす働き方

■特例ルールで年金増えにくく

「ものの値段は高くなったけど年金がそれほど増え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]