衛星データ基盤売却へ、政府 民間ビジネス拡大促す

2019/10/25 22:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は公的な人工衛星が撮影した画像データを集めた基盤について2021年をめどに民間に売却する方針だ。これまでは国が年間10億円以上の事業費を負担してきた。海外では衛星画像を活用し、交通量や農業、漁業の予測をするといった動きが広がっており、国内でも民間主導で衛星画像を使ったビジネスの拡大を図る。

政府は今年2月からインターネットのクラウド上で、国が保有する衛星データを分析できる基盤「テルース」を公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]