トークンエコノミーと地域活性化(2) 変革めざす地域こそ有効
神戸大学准教授 保田隆明

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/10/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地域でトークンエコノミーに取り組む目的の一つは、域内でのお金の循環を高めることですが、その点では10月の消費増税に伴い、各地で発行されたプレミアム付き商品券も似ています。利用者は現金よりも25%お得な商品券を購入できます。利用エリアを地域の商店街などに限定することで、地域にお金を落とそうという概念です。

しかし、根本的な地域活性化につながるかは疑問です。商品券を発行するだけでは、地域も事業者も何…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]