/

この記事は会員限定です

トークンエコノミーと地域活性化(2) 変革めざす地域こそ有効

神戸大学准教授 保田隆明

[有料会員限定]

地域でトークンエコノミーに取り組む目的の一つは、域内でのお金の循環を高めることですが、その点では10月の消費増税に伴い、各地で発行されたプレミアム付き商品券も似ています。利用者は現金よりも25%お得な商品券を購入できます。利用エリアを地域の商店街などに限定することで、地域にお金を落とそうという概念です。

しかし、根本的な地域活性化につながるかは疑問です。商品券を発行するだけでは、地域も事業者も何も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン