/

この記事は会員限定です

大学入試 どう変わる? 英語に民間試験、慎重論も

[有料会員限定]

大学入試の仕組みが変わると聞いたわ。英語で民間の試験が使われるらしいけど、問題はないのかしら。大学入試は制度が頻繁に変わる印象があるけど、なぜ改革が必要なのかな。

改革の内容や狙いなどについて、河野美香さん(55)と本多佐知さん(51)が横山晋一郎編集委員に聞いた。

――大学入試はどう変わるのですか?

2021年4月の入学者を対象にした20年度入試から、現在の「大学入試センター試験」に代わる「大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン