登山前「備え」は万全? 遭難の救助費賄う保険拡大

2019/10/26 15:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

登山やトレイルランニングの愛好者の増加とともに山の遭難事故が増えている。捜索や救助には費用がかかり、ヘリコプターが出動する事態となれば金額は膨らむ。地方自治体やスキー場などによっては遭難者に自己負担を求めることもある。未然に防ぐ努力が一番だが、それでも起きるリスクに保険などで備える動きも広がりつつある。

【関連記事】ハーレーや登山にも対応 秋の行楽に「特化型」保険

「百名山は38座目。これまで無事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]