/

この記事は会員限定です

登山前「備え」は万全? 遭難の救助費賄う保険拡大

[有料会員限定]

登山やトレイルランニングの愛好者の増加とともに山の遭難事故が増えている。捜索や救助には費用がかかり、ヘリコプターが出動する事態となれば金額は膨らむ。地方自治体やスキー場などによっては遭難者に自己負担を求めることもある。未然に防ぐ努力が一番だが、それでも起きるリスクに保険などで備える動きも広がりつつある。

「百名山は38座目。これまで無事に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン