3Dプリンター、加工「安く速く」 受託サービス台頭

2019/10/28 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3D(3次元)プリンターを使った受託加工サービスが台頭している。短納期・少量多品種に対応できる機動性が評価され、日用品から航空機部品まで利用の裾野が広がってきた。ストラタシスやプロトラブズなどの米国勢が普及を主導。東レなどの日本企業も事業を拡大する。金型成型などの既存技術を代替し、ものづくりの構造を変える可能性がある。

産業用3Dプリンター大手の米ストラタシスが、日本でのビジネスモデルを転換し始…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]