マカオのライセンス問題、大阪IRに「影響せず」
米MGM日本法人トップ

2019/10/25 16:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)大手の米MGMリゾーツ・インターナショナル日本法人のエド・バワーズ最高経営責任者(CEO)は25日、日本経済新聞社の取材に応じた。同社は「大阪オンリー」を掲げ、大阪府・市が誘致を目指す夢洲IRのみへの参入を目指す姿勢を打ち出している。主なやりとりは以下の通り。

――米ラスベガスで運営するカジノホテル「ベラージオ」を売却すると発表している。売却益は大阪への投資にあて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]