/

この記事は会員限定です

「ぼくらがアニメを見る理由」藤津亮太さん

成熟の10年代 作品が映す今

[有料会員限定]

「未来少年コナン」(1978年)に「機動戦士ガンダム」(79年)、映画「銀河鉄道999」(同)。アニメブームを決定づけた作品を子供の頃、夢中で見た。大人になっても熱は全く冷めず、新聞記者や週刊誌編集を経て2003年から評論家として活動する。

「映画評論はあるのに、アニメはあまり評されない。大量に生産し消費されるもののなかに、作家性や時代の刻印のある優れた作品が存在する」。この思いを胸にアニメを観賞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン