林真理子流「風と共に去りぬ」 ラブロマンス色濃く

カバーストーリー
読書
2019/10/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

作家の林真理子(65)がマーガレット・ミッチェルの長編小説「風と共に去りぬ」をもとに新作を執筆した。ヒロインの一人称で個性を強調。現代の女性が共感しやすい物語に仕立て直した。

「私が中学生のころ、女性は短大に入って地元で就職し、結婚するという道が一般的だった。そんな時代に、ドラマチックに生きたいと思い、東京に出るきっかけを与えてくれた」

林にとって「風と共に去りぬ」は米国文学史上の名作というだけで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]