20年1月から「姓・名」ローマ字表記 文科相表明

2019/10/25 11:53
保存
共有
印刷
その他

萩生田光一文部科学相は25日、閣議後記者会見で、国の公文書にローマ字で日本人の名前を表記する際、来年1月1日からは特別な事情がない限り「姓・名」の順とし、姓を明確にする場合は全て大文字にすると関係する中央省庁で申し合わせたと明らかにした。各省庁が関係業界に通知を出すなどして、民間にも周知を始めるという。

萩生田氏は「直ちに企業や一般社会に影響を与えようとは考えていない。各業界はそれぞれの判断でやってもらえればよい」と述べた。

「姓・名」順でのローマ字表記は、河野太郎氏や前文科相の柴山昌彦氏が提唱。柴山氏が9月、閣僚懇談会で提案し、政府方針となり、具体的にどう取り扱うか検討が続いていた。

国語審議会は2000年、「言語や文化の多様性を意識し、生かしていくべきだ。ローマ字表記においても姓・名の順が望ましい」と答申。文化庁も当時、政府機関や都道府県、大学、新聞放送出版業界に対応を要請したが、長い間、行政機関でも対応がばらついてきた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]