ゾウのいない動物園 すみ良い地球考える

2019/10/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

休日の定番スポット、動物園が「学び」の場に姿を変えている。来園者に地球環境を考えてもらい、希少生物を保全するための試行錯誤も重ねる。新たな取り組みを模索する現場を訪れてみた。

■ライチョウ復活

3月から富山市ファミリーパークで公開が始まった富山県の県鳥であるニホンライチョウ。「富山出身だけれど実際に見たのは初めて」。友人と訪れたという富山市の男子大学生は興味深そうに目を輝かせた。見た目からは想像で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]