/

韓国、WTOの「途上国」地位を放棄

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国政府は25日、貿易で優遇される世界貿易機関(WTO)における「発展途上国」の地位を放棄すると決めた。一方で「これまでに確保した優遇措置は維持される」と説明し、途上国待遇の放棄は今後のWTOでの交渉からだと主張した。

韓国は「先進国クラブ」とされる経済協力開発機構(OECD)に加盟する。だがWTOでは途上国の地位を維持し、コメなどの農産物に高関税をかけていることを米国などが問題視していた。

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相が25日発表した。洪氏は途上国の地位放棄は「今後のWTO交渉から適用される。これまでの交渉で確保した優遇は維持される」と強調した。

洪氏は「WTOが今後、韓国に途上国としての優遇を認める可能性はない」と述べた。途上国の地位放棄の決断が遅れるほど「対外的な名分と交渉力を失う」と語った。

韓国は1995年のWTO発足時に途上国と認定された。96年にOECDに加盟したが、農業分野では途上国の地位を維持した。だが、いまでは国内総生産(GDP)が世界12位、輸出は世界6位と、経済は世界でも有数の規模に拡大した。

韓国は途上国の地位を利用し、コメやニンニクなどに高関税をかけており、途上国の地位放棄には農業団体が強力に反発していた。

WTOの多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)の農業交渉は長く中断されている。洪氏は「交渉が再開されても妥結までは相当な時間がかかり、ただちに農業に及ぶ影響はない。対策をとる時間は十分にある」と述べ、農業団体に理解を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン