/

この記事は会員限定です

ペンス氏演説、米中対立は第2幕突入か

米州総局 高橋そら

[有料会員限定]

24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比28ドル安い2万6805ドルで取引を終えた。米主要企業の7~9月期決算の開示がピークを迎え、個別株の売買が中心となった。市場関係者が注目していたペンス米副大統領の演説では、対中政策で強硬な発言が繰り返された。貿易協議の「部分合意」で米国の対中姿勢が軟化するとの見方もあっただけに、両国対立の「第2幕」への警戒感がくすぶる。

「中国はより攻撃的になってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン