/

この記事は会員限定です

メルカリ、鹿島アントラーズに持ち込む倍速経営

IT×スポーツ 1

[有料会員限定]

IT(情報技術)企業のスポーツビジネス参入が相次いでいる。各社とも広告宣伝のコストセンターではなく、スポーツコンテンツそのもので稼ぐ収益成長モデルを追求しているのが特長だ。勝算はあるのか、各社のキーマンに聞いた。第一回はメルカリの小泉文明会長。

意思決定の階層をスリム化

――今夏、サッカーJ1の鹿島アントラーズを買収し、早速、業務改革に動いています。

「運営会社の生産性の向上に取り組んでいる。情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン