/

この記事は会員限定です

主力も生存競争 ソフトバンク、選手層厚く

パ・リーグ強さの源泉(上)

[有料会員限定]

日本シリーズ第4戦。両軍の戦力差が改めて浮き彫りになった。

後がない巨人の頼みの綱は復帰登板のエース菅野。3点を追う五回も打席に立たせ、七回途中まで引っ張った。

かたやソフトバンクは1安打投球のベテラン和田を五回で交代。六回以降は質量ともにオールスター級の救援陣が反撃を食い止めた。

野手も次々と代えが出てくる。長谷川勇、内川の元首位打者に実力者の中村晃や明石。代走には日本代表の周東だ。

3年連続日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン