個人情報ルール統一へ 自治体「2000個問題」解消に着手

データの世紀
2019/10/25 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の個人情報保護委員会は、全国の自治体がばらばらに定めている個人情報保護ルールの一本化に着手する。現状は自治体ごとに個人情報の利用手続きが異なり、データ流通の壁になっているといわれる。乱立する条例の数から「2000個問題」と呼ばれていた。ルール統一で自治体の持つデータを企業が利用しやすくし、データビジネスの活性化につなげる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]