田園に「ビッグベン」 富山・小矢部のメルヘン建築
映える!

2019/10/25 6:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富山県の西端にある小矢部市。のどかな田園地帯を車で走ると、世界の著名建築物を模した施設が次々と現れる。1970年代半ばから90年代初めにかけて完成した建物で、愛称は「メルヘン建築」。市の象徴として住民に親しまれている。

塔屋は東京大学の安田講堂、塔の先端は英オックスフォード大学の学生寮、体育館は大阪中之島の大阪市中央公会堂――。田んぼの真ん中で威容を誇る建物は84年に完成した大谷中学校だ。校舎は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]