日米協定、次の争点はサービス 承認案、衆院審議入り
金融や通信、米の出方注視

貿易摩擦
2019/10/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米貿易協定の承認案が24日の衆院本会議で審議入りした。日本産に課す自動車や自動車部品の関税撤廃など第2弾交渉にかかわる質疑が続いた。米国は自動車に限らない包括的な交渉入りを迫る構えで、金融や通信などサービス分野も争点に浮上している。

貿易協定は日米双方の農産物や工業品の関税を撤廃・削減する内容。今国会で承認を得られれば2020年1月にも発効する。政府・与党は25日以降、委員会で実質審議入りし、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]