スカイマーク、国際線に参入 再上場視野に「第3の道」

2019/10/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スカイマークは24日、同社初の国際線となる成田―サイパン線を2019年11月に就航すると発表した。経営破綻から4年。使用機材を小型機に統一し、定時運航率を高めるなどの改革で業績は回復。国際線に次の成長を求める。一方で再建で支援を受けた株主のANAホールディングスとの協業は縮小に向かう。株式の再上場を経てフルサービスキャリア(FSC)でも格安航空会社(LCC)でもない「第3の道」の真価が問われる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]