中期経営計画は年明け発表に オリオンビール

2019/10/24 18:04
保存
共有
印刷
その他

オリオンビール(沖縄県浦添市)は24日、7月に発足した新体制でまとめる中期経営計画に関し、年明けに発表する方針を明らかにした。早瀬京鋳社長兼最高経営責任者(CEO)が就任した7月時点では、約3カ月後に打ち出す考えを示していた。社内の意見集約を幅広く進めるため、時間をかけることにした。

宮里政一代表取締役が同日、同県名護市での記者会見で表明した。

同社は3月、TOB(株式公開買い付け)で野村ホールディングスなどの傘下に入り、ビール事業の立て直しを進めている。中期経営計画には5年後の新規株式公開(IPO)に向け、具体的な成長戦略を盛り込む。

12月から新たに販売を始めるプレミアムビールなどが、今後の事業の柱になる見通しだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]