/

官房長官「自身が説明を」 経産相「秘書が香典」報道

野党が追及へ

経産省を出る際に、集まった報道関係者からマイクを向けられる菅原経産相(24日)=共同

菅原一秀経済産業相の秘書が選挙区内の有権者の通夜で香典などを渡したとの疑いが浮上した。野党は25日の衆院経産委員会で追及する方針で、明確な説明がなければすべての委員会の審議に応じないと与党に伝えた。菅義偉官房長官は24日の記者会見で「政治家として大臣自身が必要な説明をすべきだと考えている」と語った。

24日発売の週刊文春が報じた。菅原氏の公設秘書が17日、東京都練馬区で行われた支援者の通夜会場で2万円が入った香典を手渡したと伝えた。公職選挙法は政治家本人が出席した時に持参する結婚祝いや香典を除き、選挙区内での寄付行為を禁じている。

菅原氏を巡っては、選挙区内の有権者にメロンなどの贈答品を配ったとの報道も出ている。今回、公設秘書が香典を渡したとされる日は、こうした報道を受けて菅原氏が国会で追及された直後だった。

野党は24日の国会対策委員長会談で、25日の衆院経産委員会で追及すると確認した。立憲民主党の安住淳国対委員長はその後、自民党の森山裕国対委員長に「明確な回答を是非出してほしい。調査中であれば調査がはっきりするまですべての委員会は動かないことになる」と伝えた。

安住氏は会談後、疑惑が事実だった場合は「経産相の任にあらずということになる」と辞任を要求する考えを示した。

菅原氏は24日、経産省で記者団に「明日、国会で説明する」と語った。公明党の北側一雄副代表は記者会見で「菅原氏自身が説明責任を果たすことが大事だ」と強調した。

菅原氏は衆院東京9区選出の当選6回で、9月の内閣改造で初入閣した。24日の衆院本会議は欠席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン