/

この記事は会員限定です

企業、混乱警戒解けず 見えぬ英離脱延期の道筋

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実】欧州連合(EU)離脱を巡る英政治の混乱が、企業の体力を奪い続けている。10月末に「合意なき離脱」に陥る可能性は低くなったが、離脱期限の延期の道筋が見えない。トヨタ自動車などグローバル企業は操業の一時停止や、在庫積み増しなど緊急対応を継続する。大陸欧州への拠点移転といった英離れも進み、雇用や投資の減少で英経済の競争力の低下が目立つ。

トヨタ自動車は11月1日に英国工場の操業を一時停止する。物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン