/

群馬銀、環境債を発行 国内地銀で初

群馬銀行は24日、環境に配慮した事業に資金使途を限定したグリーンボンド(環境債)を11月に発行すると発表した。発行額は100億円で、年限は10年。野村証券とSMBC日興証券が主幹事を務める。群馬銀は調達資金を活用し、再生可能エネルギーの活用やエネルギー効率の向上に取り組む企業や個人などに融資する。環境債の発行は国内の地銀で初めて。

融資対象は太陽光や水力発電施設の建設、発光ダイオード(LED)照明や空調設備の更新、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の購入など。ESG(環境・社会・企業統治)への関心の高まりに合わせ、メガバンクや航空会社などで環境債の発行が進んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン