オリパラ考

フォローする

真夏の五輪が抱える欠陥、IOCが認めた意味とは
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/10/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際オリンピック委員会(IOC)主導で東京五輪のマラソンと競歩の開催地は札幌に変更となる雲行きだ。はしごを外された格好の東京都の小池百合子知事は猛反発。開幕を9カ月後に控え、IOCと開催都市に不穏なムードが漂っている。

IOCのバッハ会長が「選手の健康はわれわれの関心の常に中心。新しい提案はいかにこの懸念を真剣に受け止めているかを示している」と変更の理由を説明しても、言葉通りに受け取る人は少ない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
五輪憲章では、五輪を国同士ではなく選手同士の競争としている(写真は14年ソチ五輪のスケート会場)=AP

 ロシアが4年間、国家として国際スポーツ界から除外されることになった。昨年の平昌五輪と変わらない選手団に関する処分に驚きはない。スポーツ界がリスクを取ったと感じたのは、ロシアによる主要な国際大会の開催 …続き (12/13)


 国際オリンピック委員会(IOC)の突然の変心で東京五輪のマラソンは札幌に移ることが決まった。だが、東京パラリンピックのマラソンは予定通り、大会最終日の9月6日に東京で実施される。様々な障害を持つラン …続き (12/12)

2018年の平昌冬季五輪の開会式でドーピング問題により五輪旗を先頭に入場行進する、個人資格で参加したロシア選手たち=共同共同


 世界反ドーピング機関(WADA)がロシア選手団を五輪・パラリンピックや各競技の世界選手権などの主要大会から4年間除外する処分を決めた。厳罰が下されたとする見方が広がっているが、はたして本当にそうだろ …続き (12/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]