/

□字ック、大阪初公演で家族描く

30代半ばの女性が死期迫る父や周囲の人間関係を通じて「大人になる」姿を描く

劇団□字ック(ロジック)初の大阪公演「掬(すく)う」が11月29日~12月1日にHEPホール(大阪市北区)で上演される。主宰で脚本・演出の山田佳奈は今夏話題を集めたネットフリックス配信ドラマ「全裸監督」の脚本チームへの参加でも注目される。余命わずかの父を持つ女性が家族や友人との関係を通じて成長していく物語。山田が昨年経験した家族の死によって変化を迫られた人間・家族観を基に描いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン