/

「目的・必要性明確に」中東派遣で 公明副代表

公明党の北側一雄副代表は24日の記者会見で、政府が検討する中東への自衛隊派遣について「(防衛省設置法が定める)『調査・研究』を根拠にして安易に自衛隊が派遣することがあってはならない」と述べた。「目的、必要性を明らかにしてほしい」と政府に十分な説明をするよう求めた。

事態が緊迫して政府が自衛隊法に基づく「海上警備行動」を発令する可能性に関しては「現時点ではそういう可能性は非常に小さいと思う」との見方を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン