リオ・ティント、米鉱山でリチウム発見 商業化検討

アジアBiz
2019/10/24 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】英豪資源大手リオ・ティントは米カリフォルニア州にあるガラス材料のホウ素鉱山で、スマートフォンや電気自動車(EV)用の電池に使われるリチウムを発見した。リチウムを抽出するための試験設備を鉱山の敷地内に建設し採算性を調査する。商業化に成功すれば「米国で最大の高品位リチウム生産企業になる可能性がある」(同社)としている。

24日までに日本経済新聞の取材に応じた。リチウムの採掘は南米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]