/

この記事は会員限定です

先端数学でスーツを採寸 東大教授が新興企業で挑む

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

東大大学院特任教授の数学者である大田佳宏社長が創業した人工知能(AI)開発スタートアップのArithmer(アリスマー、東京・港)は最先端の数学をビジネスに応用している。一般的に大学発スタートアップは工学や化学、ヘルスケアといった分野からの出発が多いが、数学者ならではの観点で社会課題の解決を目指す。

誤差は1センチ以内

同社は紳士服専門店のコナカと協力し、消費者がスマートフォンで自身の写真を撮ればオーダースーツの採寸ができ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン