先端数学でスーツを採寸 東大教授が新興企業で挑む

2019/10/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東大大学院特任教授の数学者である大田佳宏社長が創業した人工知能(AI)開発スタートアップのArithmer(アリスマー、東京・港)は最先端の数学をビジネスに応用している。一般的に大学発スタートアップは工学や化学、ヘルスケアといった分野からの出発が多いが、数学者ならではの観点で社会課題の解決を目指す。

■誤差は1センチ以内

同社は紳士服専門店のコナカと協力し、消費者がスマートフォンで自身の写真を撮れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]