事故機種の運航再開、越年も ボーイング生産停止の可能性

2019/10/24 15:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングが2度の墜落事故を起こした主力機「737MAX」の生産を止める可能性が出てきた。米議会や欧州当局がボーイングと米連邦航空局(FAA)の安全管理体制に異論を唱えており、運航再開が2020年にずれ込む懸念が強まっている。ボーイングは越年すれば生産停止を検討しており、部品メーカーにも打撃が広がることになる。

ボーイングはサプライチェーン(供給網)への影響を最小限に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]