フィリピン、中国企業の島開発警戒 灯台建設でけん制

2019/10/24 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンで中国企業による島しょ部の投資計画に警戒感が高まっている。中国企業が海上の要衝にある島を開発することに国防省や軍が安全保障上の懸念を表明した。政府は灯台を建設することでけん制する構えだ。ドゥテルテ政権は中国に接近し、投資を呼び込むことを狙うが、安保上のリスクも無視できなくなっている。

フィリピン・ルソン島の北に浮かぶフガ島。八丈島とほぼ同じ約70平方キロメートルの小さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]