八ツ場ダム、一変した景色見比べ 台風19号で満水に

台風19号
住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月1日から試験湛水(たんすい)を始めていた八ツ場ダム(群馬県長野原町)の貯水率が、台風19号のもたらした大雨で一気に100%近くに到達。付け替え前のJR吾妻線の鉄橋などがダム湖に沈み、周辺の風景は大きく変わった。

国土交通省八ツ場ダム工事事務所によると、10月11日午前2時から13日午前5時にかけて、長野原観測所で累計347ミリメートルの降雨を観測。ダム湖への流入量は12日朝から増加し始め、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]