/

SKハイニックス、7~9月期93%減益 特需反動響く

【ソウル=細川幸太郎】韓国SKハイニックスが24日発表した2019年7~9月期の連結営業利益は前年同期比93%減の4730億ウォン(約439億円)だった。半導体メモリー特需によって四半期ベースで過去最高益だった前年同期と比べて大幅な減益となった。4~6月期と比べても26%減益で、売上高の7割超を占めるDRAMの価格下落が響いた。

SKハイニックスの業績は底入れしていない=同社提供

売上高は前年同期比40%減の6兆8390億ウォンだった。SKハイニックスはメモリー市場で韓国サムスン電子に次ぐ世界2位。サムスンが順調に在庫調整を進めて同事業の業績が底を打ちつつあるのに対して、SKの在庫は適正水準に戻っておらず業績の底入れが遅れているもようだ。

車辰錫(チャ・ジンソク)最高財務責任者(CFO)は決算発表後の電話会見で「20年の生産量は19年よりも減少し、投資金額もかなり減る見通しだ」と慎重な姿勢を示した。ただ次世代通信網「5G」対応のスマートフォンには期待を寄せており「出荷台数も上向き、メモリー容量も増えるためスマホ向けのメモリー市場は2割拡大する」との見通しを示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン