[FT]米弾劾調査、駐ウクライナ代理大使が重大証言

FT
2019/10/24 16:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領の弾劾調査を率いる米下院民主党の幹部は、テイラー駐ウクライナ米代理大使の議会証言から、トランプ氏がウクライナのゼレンスキー大統領との間で、政治的便宜が図られるまで米国の軍事支援を保留するという取引に関与していたことに最も明確な証拠が得られたと述べた。

米下院監視・政府改革委員会のメンバーを務めるシュルツ民主党議員(フロリダ州選出)は、「決定的な」証言により、支援の保留とバイデン前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]