タカラトミー 赤ちゃんの世話を楽しめるぬいぐるみ

2019/10/24 14:05
保存
共有
印刷
その他

タカラトミーは世話をすると人間の赤ちゃんのような反応をみせるクマのぬいぐるみ「だっこして ネルン」を26日に発売する。頭をなでると笑ったり、おしゃぶりを口に入れると目を閉じたりする。日中の世話と寝かしつけの双方を楽しめるのが特徴。赤ちゃんの世話を疑似体験することで、想像力や優しい心をはぐくむ。

タカラトミーが発売するクマのぬいぐるみ「だっこして ネルン」((C) TOMY (C)2019 Moose)

ぬいぐるみの大きさは高さ26センチメートル。本体とおしゃぶり、ブランケットをセットにした。頭部と腹部にセンサーがついており、手でなでてあやすと楽しそうに笑うほか、おしゃぶりをしたまま寝かせると寝息をたてる。ぬいぐるみの反応の種類を豊富にそろえ、世話を楽しめるようにした。

ぬいぐるみは茶色の「クッキーベア」とピンク色の「ピーチベア」の2種類を用意した。価格は税別5980円で玩具専門店や百貨店の玩具売り場で販売する。

タカラトミーが2016年に発売した、世話をすると卵からぬいぐるみが出てくる「うまれて!ウーモ」は累計で70万個販売した。最近は子どもの間でも動画投稿サイトが人気になっており「動画をみると自分も遊びたくなるような『世話して遊ぶ』ぬいぐるみが人気」(タカラトミー)という。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]