/

この記事は会員限定です

クイーンのロック「オペラ」野田秀樹が現代のカブキに

新作演劇「Q」、異なるものを結びつける遊びの精神

[有料会員限定]

ロックと演劇を融合させ、現代のカブキを生みだす。演劇界を牽引(けんいん)する劇作家・演出家の野田秀樹がそんな話題作を放った。異なるものを結びつける遊びの精神、そこには日本の演劇的伝統があった。

英国のロックグループ、クイーンに「オペラ座の夜」(1975年)という名盤がある。ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」同様、交響楽的な世界像をもつ。その舞台化依頼が野田秀樹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1892文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン