退店すれば支払い完了、セブンがレジ無し店を公開

2019/10/24 13:20
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは24日、NTTデータと連携して始めたレジの無い模擬店舗を公開した。利用者は購入したい商品を手にとり、店を出ると支払いまで終わるしくみで、実験を通じて、運営上の課題などを検証する。

退店するとスマホアプリに購入した商品のリストが届く

スマホアプリでQRコードをかざして入店する

天井にはカメラが設置されている

模擬店舗は東京・港のNTTデータの施設内にあり、一般客は入店することはできない。店内には3種類のカメラを約50台、重量センサーなどを設置。利用客がスマートフォンアプリでQRコードを表示して入店すると、カメラで動きを捕捉。陳列棚のセンサーを使って、利用客がどの商品を選んだかなどを判別する。

退店すると自動で支払いまで済み、スマホに購入した商品のリストやレシートが届く。スマホアプリとクレジットカードなどをひもづけている。

レジがないため、従業員が行う業務は商品の補充や陳列などで済む。小売業では人手不足が深刻化しており、セブンイレブンは省人化につながる試みとみて実験を続ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]