/

秋冬の新作コート選び まずは普遍的スタイルを知る

コート百科(上)

MEN

コートは男の秋冬スタイルの要。けっして安易に選ぶべきではない。新作を軸に、「それがなぜ傑作なのか?」をしっかり分析の上、解説。エレガントかつ普遍的なコートたちの"凄み"まで知れば、より間違いのない選択ができるはずだ。

[ コートの基本的分類 ]

まず覚えるべきコートの種類はこちら。今回登場のコートに、"どの型のコートに近いか"を言及しつつ紹介。どれとも近くないものは[Other Type]とした。

01. チェスターフィールド/Chesterfield Coat
元は黒ベルベットの上襟を備えた正装用の長丈外套。近年は、そのウエストを絞った優美なシルエットを踏襲したコート全般を指す。

02. バルマカーン/Balmacaan Coat
襟が小ぶりで多くはラグラン袖。ステンカラーとも呼ぶが、これはStand fall collarの訛り。この語源から行くと襟は倒して着るのが正式。

03. トレンチ/Trench Coat
塹壕(トレンチ)戦用に英国陸軍が採用した防水生地の外套がルーツ。ガンパッチ、腰&袖口のベルトなど機能的ディテールを持つ。

04. アルスター/Ulster Coat
アイルランド・アルスター地方の紡毛地で作られた旅行用の長丈外套。ダブルブレストで上襟が大きいのが特徴。多くのコートの原型だ。

05. タイロッケン/Tielocken Coat
ダブルブレストだがボタンはなく、ガウンのように共地のベルトで前を巻きつけて着用するのが特徴。トレンチの原型として知られる。

06. ダッフル/Duffle Coat
トグルで留める前合わせとフードが特徴の、メルトンなど厚手紡毛地の外套。元は漁師の防寒着で英国海軍が採用したことで広まった。

07. インバネス/Inverness Coat
袖なしコートと丈の短いケープを組み合わせた二重構造の外套。スコットランドのインバネス発祥で、日本では和装用外套として流行。

[ Chesterfield Type ]
■KITON/キートンのカシミアビキューナコート

従来から展開する軽快なスポルベリーノタイプのコートをよりノーブルなピークトラペル仕様とし、かつバックベルトを加えたスペシャルモデル。ヌメるようなタッチのカシミア98%+ビキューナ2%のラグジュアリーな生地も、格上のエレガンスをさらに盛り上げる。 94万円(キートン)

スーツ92万円、シャツ5万8000円、タイ2万9000円/以上キートン(キートン)

[キートン]にみる"カシミアのその先"

高級コート素材と言えば、多くの人がカシミアを挙げるはず。しかしご覧の一着は、さらにその先を行く。というのもこちらの生地、カシミアにビキューナが混紡されているのだ。念のため補足すればビキューナは南米高地に棲むラクダ科の希少動物で、その毛はカシミアを超える柔らかさとしっとりしたタッチから"神の繊維"と呼ばれてきた。なお今作のビキューナ混率は2%だが、混率は重量が基準のため、これを僅かと思うのは誤り。とくにビキューナは繊維が細くて軽いため、同じ1gでもカシミアより素材分量が多く、混率以上に生地の特性に表れる。このあたりは実際に羽織れば一目瞭然。ラグジュアリーの極みを体感できる特別な一着だ。

[ Chesterfield Type ]
■LARDINI/ラルディーニのウォッシュドカシミア ダブルブレステッドコート

オリーブ色のカシミア100%生地だけでも旬を感じさせるのに、手作業による巧みな製品洗いでさらに今日的なヴィンテージな味をプラス。チェスター型ながら、あえて両腰フラップポケットでカジュアルなニュアンスを高めたさじ加減もさすがだ。 25万8000円(ストラスブルゴ)

[ラルディーニ]にみる"その先のカシミア"

アンコンジャケットの名手として知られるラルディーニは、洗練されたカジュアル表現を昔から得意としてきたが、今作ほど掟破りな一着はないかもしれない。なんとカシミア100%のエレガントなダブルのコートにガーメントウォッシュ(製品洗い)を施したのだ。奇抜かと思いきや、これがじつに素晴らしい仕上がり。しっとり柔らかなカシミアの官能的な風合いを保ったまま、微妙な色ムラやステッチ部分のパッカリングによりヴィンテージな味わいが生じており、細身も貢献して休日のニットスタイルにも抜群に似合う。ピュアカシミアのコートといえど、気張らずあくまでさりげなく着こなしたいと考える人には、格好のチョイスとなろう。

[ Chesterfield Type ]
■CARUSO/カルーゾのシングルチェスター

ヘリンボーン柄のベージュ生地は非常に柔らかく、軽い仕立てと相まって程よくゆとりを確保したシルエットをより優美に見せる。一番下のボタンから裾までの長い丈感もエレガントなコート姿に貢献。生地はウール80%+ナイロン20%。 14万円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

ジャケット14万8000円/エルネスト(バインド ピーアール) ニット2万2000円/グランサッソ(ビームス 六本木ヒルズ) パンツ3万6000円/インコテックス(シップス 銀座店) メガネ3万1000円/モスコット(モスコット トウキョウ)

[カルーゾ]にみる"紳士のゆとり"

コートは面積が大きいアイテムだけに、シルエットのちょっとした違いで印象ががらりと変わる。それを改めて教えてくれるのがカルーゾだ。チェスター型ながらボディには腰のしぼりがほとんどなく、パッドを排した肩もややドロップ気味。結果とても新鮮なムードを醸し出している。とはいえ流行のオーバーシルエットほどのゆったり感はなく、今までベーシックなシルエットのコートを着用してきた大人もトライしやすいのもいい。紳士的佇まいを崩さない中で今の気分を愉しめる、絶妙バランスの一着と言えるだろう。

[ Other Type ]
■TAGLIATORE/タリアトーレのダブルコート

存在感ある襟や胸の箱ポケット、バックベルトなどでクラシカルな雰囲気も漂うダブルコート。グレンチェックのツイード生地は、紺×グレーのシックな配色ゆえ、幅広い装いに合わせやすい。コットン46%+ウール29%+アクリル14%+ポリアミド11%。 10万5000円(トレメッツォ)

スーツ9万9000円/エルビーエム 1911(トヨダトレーディング プレスルーム) シャツ2万9000円/バルバ、タイ3万2000円/アット ヴァンヌッチ(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

[タリアトーレ]にみる"紳士の締まり"

ご存知のようにコートは体型をカバーする効果も高いが、選び方次第で自分が思い描く理想のプロポーションまでモノにできる。その好例がタリアトーレの新作だ。アルスターコートに見られるような大きな襟が逞しい胸周りを強調しつつ、ウエストはここのスーツ同様に高い位置で美しくシェイプ。ゆえに誰もが簡単に男性的なメリハリの効いたシルエットに装えるのだ。また今作は英国調のガシッとツイーディな生地を用いているが、この美しいシルエットにより印象はぐっとモダン。男の渋さと色気が両立する。

[ Torench Type ]
■SANYO COAT/サンヨーコートの100年コート Agedモデル

100年コートの理念と基本デザインはそのまま、ボールバイオウォッシュ加工で生地を柔らかな風合いに。低番手糸を使用したステッチや、中面削り加工の水牛ボタンなど細部までヴィンテージ仕様に。下のアップ写真は、製品をさらに着込んだ参考モデル。 12万6000円(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

[サンヨーコート]にみる"渋みの追求"

着込んで味が出たコットンギャバジン生地のトレンチは、紳士のワードローブに欠かせないアイテム。それを今から育てるなら、完全ジャパンメイドのサンヨーの"100年コート"は最高の選択だろう。同社が長年培ってきたコート作りの方法論と日本の高度な職人技を融合させた手間暇かけた仕立てにより、長期の使用に耐え、エイジングも非常に美しいからだ。ご覧のモデルではその100年コートの生地に特殊な加工を施し、あらかじめヴィンテージな渋みを付加。ここからさらに自分の生き様を刻んでいってほしい。

[ Tielocken Type ]
■PAUL STUART/ポール・スチュアートのクリフォードコート

たっぷりゆとりをもたせたシルエットが今の気分に合致するタイロッケン型コート。チンストラップも装備し、さりげないアクセントとなっているのもいい。そのハリと独特の色味がヴィンテージな味を高める生地は、VBC社製のウール100%。 15万円(ポール・スチュアート 青山店)

[ポール・スチュアート]にみる"渋みの追憶"

タイロッケン型の一種だが、ポール・スチュアートではこのスタイルを伝統的にクリフォードと呼ぶ。これはブランド中興の祖である2代目CEO、クリフォード・グロッド氏自身が約40年前にデザインしたことに因む。「当時米国はバルカラーとトレンチが主流。その中でこのグラマラスさは目立ったはず。これを着た男たちは相当なセンスと強い美意識があったのでは?」と語るのは、今季から日本におけるディレクターを務める鴨志田康人氏。確かに、'70年代のニューヨーカーのスノビズムが香ってくるような佇まいだ。

[ Balmacaan Type ]
■MACKINTOSH/マッキントッシュのダンケルド

正統派のクラシックへと舵を取った今季のマッキントッシュを象徴するのがこちらの新作ダンケルド。近年は細身化を強めていたが、身幅を広く、着丈も長めとし、2003年登場の初代モデルに近い程よくゆとりあるAラインが復活した。 16万8000円(マッキントッシュ青山店)

スーツ17万9000円/デ ペトリロ(ビームス 六本木ヒルズ) シャツ1万4000円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン(ユナイテッドアローズ 原宿本店)

[マッキントッシュ]にみる"正統(ルーツ)なるA"

マッキントッシュといえば、ラバーをボンディングした防水生地のコートが有名。"ゴム引き"とも称されるこの伝統生地は、そのパリッとした風合いによりシルエットが綺麗に出るのが特徴だが、中でもここらしい美しいAラインを愉しみたいならご覧の「ダンケルド」が最適だ。じつはベストセラーのダンケルドは時代とともにシルエットを微調整。それが今季、世の中のクラシック回帰の風潮に合わせて、デビュー時に近いカタチに戻されたのだ。身幅が広めで、裾にかけてすらりと綺麗なAラインを描くこのシルエットは、先に述べたようにトレンドに合致しつつ、しかも紳士の着こなしにおいても至極正統。英国が誇る名作の時代を超える力を再確認できる一着だ。

※表示価格は税抜きです。

撮影=若林武志、武蔵俊介 スタイリング=武内雅英(CODE) ヘアメイク=古川 純 文=吉田 巌(十万馬力)、押条良太(押条事務所)

MEN

[MEN'S EX 2019年11月号の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン