タイ国王、軍などの高官6人解雇 「権力乱用」理由に

東南アジア
2019/10/24 0:32
保存
共有
印刷
その他

一般参賀で手を振るタイのワチラロンコン国王(左)とスティダー王妃(バンコク)=三村幸作撮影

一般参賀で手を振るタイのワチラロンコン国王(左)とスティダー王妃(バンコク)=三村幸作撮影

【バンコク=岸本まりみ】タイのワチラロンコン国王(67)は23日、王室の高官6人を解雇した。同日に発令した勅令で「個人的な利益のために権力を乱用」したと糾弾した。国王は21日に3カ月前に側室とした女性から「高貴な配偶者」の称号を剥奪したばかり。即位を祝う儀式の締めくくりである水上パレードの実施を前に、自らの権力を誇示する思惑があるとみられている。

解雇されたのは王室傘下にある陸軍や警察の高官6人。勅令では「重大な規律違反」や「非常に悪質な不正行為」があったとしている。

戴冠パレードをするタイのワチラロンコン国王(5月、バンコク)=三村幸作撮影

戴冠パレードをするタイのワチラロンコン国王(5月、バンコク)=三村幸作撮影

ワチラロンコン国王は21日に「あらゆる方法で王妃に圧力をかけた」として、側室のシニーナトさん(34)から「高貴な配偶者」の称号と陸軍少将の地位を剥奪した。シニーナトさんは21日以降、公の場に姿を現しておらず、タイ国民からは安否を気遣う声もあがっている。

ワチラロンコン国王は2016年の即位後、国王の権限を強化する姿勢を鮮明にしている。王室警備を担う軍と警察の部隊を国王直属に改め、憲法には国王が摂政を置かずに外遊できる規定などを盛り込んだ。1兆4千億バーツ(約5兆円)以上ともいわれる王室財産に関しても、法改正により国王の意思で運用できるようにした。

米ビジネス情報サイトのビジネス・インサイダーによると、ワチラロンコン国王の総資産は推定300億ドル(約3兆2400億円)で、世界でもっとも裕福な王族とされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]