プロ野球

若さ出た巨人 拙守響き菅野が被弾

2019/10/23 23:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

巨人は腰痛からの復帰マウンドに「投げたら動けないぐらいの覚悟でやりたい」と悲壮な決意で臨んだエース菅野の足を、若手野手が引っ張った。拙守がことごとく失点につながって競り負け。経験の浅さが響き、4連敗でソフトバンクの分厚い壁にはね返された。

【ソフトバンク、3年連10度目の日本一】

両者無得点の四回。1死二塁で、デスパイネの強烈なゴロを三塁の若林がグラブに当てられず、安打としたのが痛かった。手負いの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は17日、東京ドームで決勝と3位決定戦が行われ、初優勝を目指す日本(2次リーグ1位)は決勝で連覇を狙う韓国(2位)と対戦し、山口(巨人)が先発 …続き (16:29)

五回、捕手甲斐が同点を狙う三走李政厚をタッチアウト=共同

 坂本勇から始まった三回の日本の攻撃は、バットに当たれば安打となった。吉田正までの5連打に、押し出し四球や犠飛を絡めて堅実に得点を重ねていく。一挙6点勝ち越しの一方的な展開は、しかし長くは続かず、直後 …続き (16日 23:59)

韓国戦の5回、適時二塁打を放つ山田哲(16日、東京ドーム)=共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は16日、東京ドームで2次ラウンド最終日の2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)は韓国(C組1位)を10―8で下し、4勝1敗の1位で2次 …続き (16日 23:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]