/

この記事は会員限定です

田原をサーフィンの街に サーフショップ経営・加藤昌高さん

中部・ひと

[有料会員限定]

水平線が一望できる愛知県田原市の「太平洋ロングビーチ」。海面が大きく盛り上がると、サーファーたちが滑るようにサーフボードに飛び乗り、華麗なターンを決める。田原は年中安定して波が寄せ、世界的に知られる名所だ。サーフショップを経営する加藤昌高さん(65)は、この環境を生かしサーフィンの国際大会の誘致に取り組む。

内陸の愛知県知立市出身だ。「楽しそうだな。自分もやってみよう」。40年以上前に田原の海岸で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン