ボーイング、7~9月の純利益51%減 主力機不在響く

2019/10/23 21:17
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングが23日発表した2019年7~9月期決算は、純利益が前年同期比51%減の11億6700万ドル(約1265億円)だった。2度の墜落事故を起こした主力小型機「737MAX」の出荷停止が響き、売上高が21%減った。同機の運航再開のメドは立っておらず、経営への影響が広がっている。

3月のエチオピアでの墜落事故後は、商用機の売り上げの3割、営業利益の5割近くを稼いでい…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]