楽天「つながらない」携帯、総務省が改善要請

2019/10/23 20:45
保存
共有
印刷
その他

楽天が試験サービスを始めたスマホでは、SIMカードを挿入しても通話や通信ができないケースがある

楽天が試験サービスを始めたスマホでは、SIMカードを挿入しても通話や通信ができないケースがある

楽天は23日、東京や大阪などで始めた携帯電話の試験サービスで「回線につながらない」などの相談が相次いでいることを受け、総務省に状況や改善策を報告した。スマートフォン端末にSIMカードを挿入しても通話や通信ができないケースがあり、総務省からは利用者に丁寧に説明するよう要請を受けた。楽天は相談窓口の人員を増やすなどの対応を進める。

【関連記事】
楽天携帯「つながらない」相談相次ぐ 屋内で圏外に
「ずっと圏外」楽天携帯 2割が利用せず

楽天モバイルは10月から東京23区と名古屋市、大阪市、神戸市で、5000人を対象に携帯電話の試験サービスを始めた。今月中旬からSIMカードを送付しており、22日までに4500人以上に発送した。うち8割強が通信サービスを利用しているが、2割近くは利用していないという。

楽天モバイルの試験サービスでは同社が指定する端末を購入し、SIMカードを挿入して利用する。最初に電源を入れて数分待つと、自動で電波を拾い、通信回線につながるようになる。だがSIMカードを端末にセットしても、「ずっと圏外で開通しない」などの苦情が相次いでいる。

利用開始時には楽天の基地局からの電波を拾わないと起動しにくいとの指摘もある。楽天は2020年春までに3432局の基地局を整備する計画だが、23日時点で総務省のサイトで確認できる基地局数は1800局強だ。基地局の整備途上で、電波が弱くて利用を始められない事案が発生しているようだ。

楽天によると、マンションの高層階や大きな建物の中心部などで回線が通じにくいケースが多いという。楽天は東京23区や名古屋市、大阪市以外ではKDDIから通信設備をローミング(相互乗り入れ)で借りる契約を結んでいる。東京23区内などでも地下、主要ビル内はローミングでKDDIの回線につながる。

楽天では「試験サービスの区域内で電波状況の良い窓際や屋外に端末を数分間置いてほしい」と利用者に説明している。また、コールセンターで相談を受け付ける担当者は当初は約20人だったが、30人以上に増員している。

【関連記事】
「楽天携帯」使ってみた 試験サービス、通話途切れも
楽天モバイルのエリア検証、ローミングが効果発揮
楽天の携帯本格参入 総務省「とにかく急いで」
楽天携帯、幻の大容量3000円プラン

格安スマホで通話も安く 総務省、回線コスト半額視野
格安スマホの弱点解消へ、消費者メリット広がる期待

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]