/

長野県知事、豚コレラワクチン接種に予算8200万円計上

長野県は23日、豚コレラのワクチン接種にかかる補正予算8200万円を知事の専決処分で決めた。26日から7万2000頭を対象に実施する初回接種の費用に3800万円を盛り込んだ。初回接種後に子豚が生まれた農家に対しては月に2回の定期接種を予定しており、今年度分の定期接種費用として3900万円を計上した。

財源のうち約4000万円が国庫支出金。初回接種の農家負担はないが、定期接種は1頭につき330円を農家に負担してもらう。初回接種の4週間後に抗体確認検査をする費用も予算に計上した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン