スマートスピーカー 「人が会話分析」に待った
データ取得に各国当局が懸念 プライバシー保護に穴

瀬川 奈都子
編集委員
2019/10/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あなたの家庭での会話を、知らない人に聞かれていたら――。スマートスピーカーの開発をめぐり、各国の個人情報保護当局が「待った」をかけている。肝となる音声認識技術を向上させるために、各社が人手を使い顧客の音声データを分析していることへの懸念からだ。事業者は一時的にヒトによる分析をやめるなど対応に追われている。

スマートスピーカーは呼びかけると、ネットを検索したり家電を操作したりしてくれる。あらゆるモ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]