ジンズ、3D印刷技術使用のサングラス

2019/10/23 20:04
保存
共有
印刷
その他

眼鏡専門店のジンズは31日、3次元(3D)プリンターによる装飾を施したサングラス「Neuron4D(ニューロンフォーディー)」を発売する。3Dプリンター開発の米カーボンと協業し、テンプル(つる)の部分に0.1ミリメートル単位で格子状のデザインを施した。眼鏡の品質やかけ心地にこだわる富裕層など向けに販売する。

3次元(3D)プリンターを用い微細な造形を施した

新作サングラスはジンズの高価格帯ブランド「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」から発売する。カーボンの技術を使い、枝状に分岐した格子が周期的に並ぶ「ラティス構造」と呼ばれる造形を施した。着用時に締め付けることなく頭の形に合わせて変形する。

フレームは4種類で、レンズの色が各3色から選べる。価格は税別2万5千円。25日からは公式サイトで30本限定で予約販売を受け付ける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]