アイネット、宇宙関連事業でスタートアップと協業

スタートアップ
2019/10/23 20:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独立系データセンター大手のアイネットは宇宙関連事業を拡大する。スタートアップと相次ぎ提携し、人工衛星や有人機などの開発に参画する。宇宙ビジネスに特化したファンドにも出資した。宇宙との情報伝達、データ処理や応用を通じて、主力のデータセンター事業に生かす狙いもある。宇宙部門の売上高は数年後に現在の約30億円から約50億円に増やす計画だ。

アイネットは1日、国内初の有人宇宙飛行を目指すスペースウォーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]